読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可逆的選択

趣味で書いています @yadokarikalikar

晩夏と茄子と

 掬いあげた水が、器をかたどった手のひらから零れるようにして、目が覚めた。

 夏の終わりにしては、空気はひんやりとしていた。隣を見遣ると、安らかな寝息を立てている恋人がいる。顔を寄せて、まじまじと見つめる。少しだけ間の抜けた寝顔にキスしてやりたい衝動をおさえつけて、身体を起こす。

 辺りはどうやら真夜中だった。

 

 二人に掛かっていたタオルケットを抜け出して、暗闇の中、部屋を歩く。キッチンに赴いて、冷蔵庫を開ける。ミネラルウォーターのボトルを引っ張り出して、キャップを回す。

 週末だからか、冷蔵庫の中が寂しい。

 大きな扉の内側で、ぱっと目につくのは、卵と、冷蔵しなければばらない調味料と、缶ビールだけだった。

 ついでに野菜室を開けると、ピーマンと茄子と玉葱が幾つか。

 冷凍庫にはカップアイスが入っていた。

 空腹なのか、そうでもないのか、判別の付きづらい具合だったので、なにか丁度いいものがあれば食べてしまおうかと思っていたけど、諦めることにした。時間帯も時間帯だし。

 水を喉に流し込むと、気管から胃にかけて、さあっと冷えていく感覚が気持ちいい。

 冷やされているという自覚をもって、私は胃の形を感じる。昨日の晩に食べた白身魚のムニエルは、もう融けてしまっているだろうか。

 半分ほど飲んで、またキャップをする。明日は買い物に行かないとな、なんて思いながら、ボトルを冷蔵庫にしまいこみ、キッチンを後にする。

 

 相変わらず夜闇は深いままなのに、目が慣れてしまってか、色々と見えるようになった。部屋の中央にあるガラステーブルに、片付けられないまま置いてあるビールの空き缶が二つあることも。

 そのまま寝床に戻る気分でもなかったから、わたしは引き出しから、ライターと煙草と、灰皿を取り出す。網戸を開けて、ベランダに出る。

 風が気持ちいい。

 エアコンの室外機に腰掛けて、暫く景色を眺めてから、煙草に火をつけた。

 アークロイヤルのアップルミント。吸うと、煙草の味はもちろんのこと、紅茶のフレーバーが味わい深い。他のものと比べると少しだけ値は張ってしまうけど、もっぱら私が好んで喫煙するのはこれだった。

 たっぷり時間をかけて、二本吸うと、身体じゅうに煙が回ったような錯覚を覚えて、気分がふわふわしてくる。そろそろ寝ようかなと思って、部屋の中に戻る。

 物音を立てないように気を付けながら、ベッドに潜りこむ。タオルケットを掛けなおして、恋人の肩に頭を寄せる。植物が芽吹くように、眠気がやってくる。

 

 「また煙草吸ったんだね」

 眠っていたとばかり思っていた彼女が話すものだから、驚いた。

 「起きてたの?」

 「美紗都がキスしようとしたとこ辺りからかな」

 「結構起きてるね」

 二人して笑い合う。その波が収まると、自然なことのようにくちびるを重ねた。

 「紅茶のにおいがする」

 楽しそうに彼女が言う。

 次の瞬間、彼女のおなかが可愛らしい音を立てた。

 「ねえ、美紗都」

 「うん?」

 「おなか空いちゃった」

 なんでこの子はこんなにも愛らしいんだろうと思いながら、私は微笑む。

 「そういえば冷凍庫にアイスがあったけど、唯、食べる?」

 「んん、アイスかあ……」

 「ピンとこなかった?」

 「そういうわけじゃないんだけど、ねえ」

 ベッドに寝そべったまま、私と唯は黙りこくる。

 

 「まあ、ちょっと寒いもんね」

 私がぽつりと漏らすと、彼女は頷いた。

 「おなか冷えちゃうからね」

 でも、困ってしまう。

 彼女に触発されて、私もおなかが空いてきてしまったのだ。

 だましだまし、眠ることもできないくらいには。

 

 「ちょい待ってて」

 ベッドを抜け出て、再びキッチンの方に向かう。キッチンの蛍光灯だけ点けて、中華鍋に油をひく。

 IH調理機は、加熱温度を調整できるから、便利だと思う。百七十度に設定して、油が温まるまでの間に野菜室から茄子を幾つかと玉葱を取り出す。

 玉葱は皮を剥いてイチョウ切りにして、水に晒しておく。

 茄子は縦に半分に切って、背中に幾筋か切れ込みを走らせる。

 雪平鍋に出汁と醤油とみりんをいれて、一煮立ちさせる。

 油の温度が十分に高まってきたら、そこに茄子を沈める。

 二、三分ほどで茄子の色が綺麗に色付いたタイミングでお皿にとって、煮立たせた出汁をかければ、かんたん揚げ出し茄子の出来上がり。ついでに晒していた玉葱を乗せれば、空いたおなかが温かく満たされる。

 

 「へへ、愛してるよう、美紗都ちゃあん

 あつあつの茄子にかぶりつきながら、唯が言ってくれる。

 「知ってた」

 「えへへ、知ってたかあ」

 残った分の茄子は冷蔵庫に入れて冷やしておけば、またこれが美味しい。

 半分残ったミネラルウォーターも飲み干してしまって、丁度いい感じに膨れたおなかがたまらなく眠たくさせる。とりあえずお皿は流しに下げて、今日はもう眠ってしまおうかと思う。

 「私は幸せ者だ」

 「私だって幸せ者よ」

 ベッドに潜ってから眠るまでの時間が、たまらなく愛おしい。